Get Start

このクイックスタートは、中級者から上級者向けです。
Gatsby をより優しく紹介したい場合は、チュートリアルから始めて下さい。

Gatsby-cliを入手します。
npm install -g gatsby-cli
このコマンドはグローバルでGatsbyコマンドを利用出来る環境を作ります。

新しくサイトを作ります。
gatsby new gatsby-site
制作したフォルダに移動します。
cd gatsby-site
開発用サーバーを起動します。
gatsby develop
Gatsbyのデフォルトアクセスは以下のURLでアクセス出来ます。
http://localhost:8000

src/pages で JavaScript ページを編集してみてください。
保存された変更はブラウザでリロードされます。

静的サイトを書き出します。

gatsby build
Gatsbyは、お客様のサイトに最適化されたプロダクションビルドを実行し、静的HTMLと経路ごとのJavaScriptコードバンドルを生成します。

ローカルビルドを確認します。

gatsby serve
デフォルトではgatsby buildでPublicフォルダに生成されたHTMLをgatsby serveコマンドでサーバーを起動して確認します。 gatsby buildを忘れないで下さい。

CLIコマンドのドキュメンテーションを見る


CLIコマンドの詳細なドキュメントを見るには、ターミナルでgatsby --helpを実行してください。
特定のコマンドについてはgatsby COMMAND_NAME --helpを実行します。
Gatsby CLIの詳細については、ドキュメントのCLIリファレンスセクションを参照してください。