ようこそ!GatsbyJS日本語サイトへ!

GatsbyJS勝手に日本語翻訳サイトです。→ 公式サイトへ(英語)
このサイトは管理人である[ヤル蔵(@xtuberz)]が自己学習のため、勝手にGatsbyJSのサイトを翻訳しています。
手書きでピタピタ書いていきますのでよろしくお願いします。
はじめは翻訳しようと思っていたのですが、意味のない繰り返しや読まなくても良い部分が多く、堅苦しい言い回しがあり翻訳したとしても読みにくいと感じてしまったので、私が公式サイトの文章を読んで必要な部分をまとめています。
雰囲気はGatsbyJS翻訳サイトではありますが、私の独断と偏見で綴った「GatsbyJSまとめ」と言う立ち位置で考えて頂けると幸いです。

Gatsbyとは?

GatsbyJSはReactをベースにしたオープンソースフレームワークです。
最近流行っている「静的サイトジェネレーター」の1種であり、200種類以上ある静的サイトジェネレーターの中でもトップを走る最新式フレームワークです。

GatsbyJSの始め方 (Get Started)

Gatsby.jsを始めるには大きく分けて2つの方法があります。


  1. チュートリアル Gatsbyをインストールしてプロジェクトを開始する方法をステップバイステップで説明しています: GatsbyやWeb開発の経験がない人向けに書かれていますが、これらの学習リソースはあらゆるスキルレベルの開発者に役立っています。
  2. クイックスタートGatsbyをインストールして新しいプロジェクトを開始する方法を1ページにまとめたものです。

さらに学習を進める

さらに学習を進めるには以下のような選択肢があります。

  1. レシピ。ギャツビーを使って特定の一般的なタスクを達成する方法について、いくつかの簡単な答えを見つけよう。
  2. 自分の冒険を選択して、ギャツビーのドキュメントの様々なセクションを熟読しましょう。
    • リファレンスガイド。データの調達、デプロイメントなど、Gatsbyを使ったビルドに関するさまざまなトピックについて説明しています。
    • Gatsby APIリファレンス。Gatsby APIと設定の詳細についてはこちらをご覧ください。
    • リリースと移行。メジャーバージョン間の移行のためのリリースノートとガイドを参照してください。
    • 概念ガイド。Gatsbyのアプローチのハイレベルな概要をご覧ください。
  3. Gatsby内部。Gatsbyが舞台裏でどのように機能しているかを掘り下げてみましょう。
  4. Gatsbyを専門的に使用する。職場でギャツビーを説明するためのヒントやコツを学び、専門的にギャツビーを使う機会を増やすことができます。
  5. Gatsbyのスターターやプラグイン、外部のコミュニティリソースのためのエコシステムライブラリをチェックしてください。